こんにちは、けんしんです。
 前回の記事は忙しくても趣味を見つけた方がいいです。という話を記事にしてみました。
 
 今回は実際に趣味を見つけてみよう!という話をしていきます。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

趣味が見つからない人はどうすれば見つけられるの?

 なかなか趣味が見つからないと悩んでいる人もいるかと思います。

 実をいうと僕も趣味があまりない人間で学生時代に陸上競技をしていたのでそのまま派生してランニングをたまにする程度だったんですが、趣味の概念が変わった事で趣味が増えたと思います。

 実は趣味は3つの種類があるんです。

自分似合うものを見つけよう。主に3つのタイプがあります。

 趣味には主に3つの種類があるそうです。これを知った事で僕も「これは趣味だったんだな」と思えました。

ストレス解消・現実逃避タイプ

 みなさんが思う趣味はこのタイプのイメージが多いのではないでしょうか?

 スポーツや、楽器演奏、旅行、アウトドアなどいろいろあると思います。
 職場と自宅の往復では味わう事ができない非日常感を得られます。

自己投資タイプ

 これも先程のストレス解消・現実逃避タイプの次によくあるなー、といった趣味ですね。

 料理やお菓子作りや絵画、読書、習い事など自分の成長につながる趣味になります。なにかに集中する事でメンタルも強くなるし、様々な知識を得られるので頭が柔軟になります。

仕事に役立つタイプ

 これは意外だったんですが、英会話や読書、パソコンのスキルの上達、資格の勉強など仕事に役に立つスキルを身につける事も趣味になるそうです。
 
 実際にスキルを身につける事で仕事が効率化できてストレスも減り、時間も増えるので、そこでできたら心の余裕や時間でまた他の趣味ができるといったメリットもあります。

 私は仕事を効率化して早く終わらせることが性格上好きなのでエクセルを勉強したり、仕事に関する本を読んだりしていたんですがそれも趣味だったんだなと思い、なんかホッとしました笑

まとめ〜実は意外な事が趣味だった〜

 以上が趣味に3つのタイプがありますよという話でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 趣味が見つからないという人は自分の普段の行動を観察してみましょう。「これやってる時は楽しいな」「これやってる時は時間を忘れて集中できるな」という行動があるかもしれません。

 それ、もしくはそれに近い行動が趣味である可能性があります。新しい趣味を探すよりも実はあなたはすでに趣味を持っていてそれに気づいていないだけなのかもしれません。

それでも・・・


「今の職場に不満がある」
「今の職場がつまらない・楽しくない」
「自分の能力を高めた所で実践できる場所がない」
そんな方は「転職」も視野に入れてもいいかもしれません。